Posted on

“Contemporary Calligraphy”

Contemporary Calligraphy

“Contemporary Calligraphy” -How to use formal scripts today-
Gillian Hazeldine, 2011, Robert Hale Limited
ISBN: 978-0-7090-8745-8

Contemporary Calligraphy
Contemporary Calligraphy Front
Contemporary Calligraphy
Contemporary Calligraphy Index

最近みつけた本です。トラディショナルな書体しっかり学んだ上で、それをどうアレンジしていくか。そんな内容の書かれた本です。
トラディショナルな書体をベースに、その高さ(ハイト)や文字間のスペーシング、使うニブを変えたりすることで、また新しい自由な表現が可能となります。また、ちょっとしたペンアングルの変更でガラッと雰囲気が変わることもあり、そんな新しいカリグラフィーを紹介してくれている本です。私が特に気に入っているのが、ヴァーサル体のページ。ヴァーサル体のページが気に入って購入したと言っても過言でないくらいです。雰囲気としては日本の三戸美奈子先生の書かれた本 ”カリグラフィー・ブック:デザイン・アート・クラフトに生かす手書き文字” に近い内容で、それよりもう少し深く踏み込んだ解説がされています。

トラディショナルという枠を超えて、自由な文字表現に進んでいくための最初の1冊としていい本だと感じました。

 

********以下 アフェリエイト*********

  

Posted on

The Irish Hand

Calligraphy

“THE IRISH HAND  – Scribes and their manuscripts from the earliest times”
Timothy O’Neill
CORK University Press, Ireland
ISBN 978-1-78205-092-6

Calligraphy
The Irish Hand Front
Calligraphy
The Irish Hand Index

出版されたときから気になっていた本で、The Passionate Penに参加した際、John Neal Booksellerのお店で販売されていたので実際に中身を見てから購入することができました。

ちょうどその日は、Denis Brown氏のケルティックアートに関するクラスを受講していたこともあり、グッドタイミング。同じクラスを受講していた方が、やはりその日に購入してクラスに持って来られていたので、感想を伺ってみたところ、

「他のInsular関係の本は、ほとんどが「ケルズの書」や「リンディスファーン福音書」からの引用ばかりだが、この本はその他様々なInsular関係の写本からの引用なのが興味深い」

とのことでした。確かにおっしゃるとおり、聞いたこともない写本の美しい写真とその解説が掲載されており、資料としての価値も抜群です。

Calligraphy
The Irish Hand Part One Sample
Calligraphy
The Irish Hand Part Two Sample
Calligraphy
The Irish Hand Part Two Sample

Part OneとPart Towに分かれており、Part Oneではアイリッシュの様々な写本の紹介。Part Twoではそれらの写本の中の一部を拡大し、その書き下し文と、その部分の英訳が掲載されています。このPart Twoが特に私の気に入ったところでした。

模写をするにしても、書き下し文と英訳があるととても助かります。素晴らしい1冊に出逢うことができました。

 

*****以下アフェリエイト*****

【Amazon.co.jp】

【Amazon.com】

Posted on

”Foundations of Calligraphy”

Calligraphy

“Foundations of Calligraphy”
Sheila Waters
John Neal, Bookseller
ISBN 0-9665305-1-9

Calligraphy
Foundations of Calligraphy Front
Calligraphy
Foundations of Calligraphy Back
Calligraphy
Foundations of Calligraphy Contents

Sheila Waters さんが書かれた書籍。道具、書体、デザイン、レイアウトについて事細かに書かれています。特に書体については、参考となる昔の写本などから書体の参考例をたくさんピックアップしており、歴史、そしてその分析法からすべてを書かれています。文字の形だけでなく、そのスペーシングについても細かく書かれており、とにかく書体の分析が素晴らしく、読みこむほどに勉強になることばかりです。
現代のカリグラファー必携の本の1冊と言えるのではないでしょうか。

Calligraphy
Faoundations of Calligraphy
Calligraphy
Foundations of Calligraphy

取り扱いは、John Neal, Booksellersのウェブサイトで。
http://www.johnnealbooks.com/prod_detail_list/s?keyword=B2769

 

Amazon.comにもありますが、お高いです・・・