Posted on

トラディショナルなギルディング下地制作 (Making Traditional Gesso for gilding)

先日自分で水和(清和、Slake)した石膏を使って、ギルディング下地用のジェッソ作りです。
今回は、Toni Wattsさんのレシピでジェッソを作りました。

今回は実験のため、同じレシピで、石膏だけ種類を変えていくつか作ってみます。

 

1.道具や材料を揃えます。

8 Parts: Slaked Plaster (Calcium Sulphate Dihydrate):石膏
3 Parts: White lead:鉛白
1 Parts: Seccotine glue (fish glue):魚膠
1 Parts: Sugar:砂糖
A pinch of Armenian bole to color it:アルメニアンボール

※今回は、実験用に少量作りたかったので、1 Part = 1/8 teaspoon (小さじ1/8) で作りました。

 

2.粉類の分量を正しく量ります。

 

3.粉類を乳鉢にいれて細かい細かい粉状にしていきます。

 

4.アルメニアンボールをごく少量入れて色を付けます。

 

5.Fish Glue(魚糊、Seccotine Glue)を混ぜます。

(この写真、間違ってアルメニアンボールを混ぜる前にFish Glueを足そうとしてしまっています)

6.乳鉢ですり混ぜます。

7.ガラス板の上に、乳鉢でねったものを移します。

 

8.マラーでさらにキメの細かい状態にしていきます。

 

9.パレットナイフなどで集めて、タブレット上に乾燥させて出来上がり。
もちろんこのままフレッシュな状態でも使えます。
(この部分の写真を撮り忘れました)

 

10. 実際に使ってみると。。。

 

こんな感じに。
結構簡単にできてしまいますが、材料の中には毒性のあるものもあるので、マスク必須です。
使用した道具を洗うときも、洗い流さず、できるだけペーパーナプキンなどで拭き取って、ゴミとしてすてるようにしたほうがいいでしょう。

次回は、材料による違いの紹介です。

サンフランシスコ近郊、East Bay Area の自宅でカリグラフィー教室を開いています。また、ご依頼に応じて宛名書き、カード作り、記念ボード作りも承っております。興味のある方ぜひお問い合わせくださいませ。

フェイスブックページにも、ぜひ遊びに来てくださいね♪


日本ブログ村にも参加し始めました。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

Facebook Comments